食器⑤ コーヒーカップ

イタリア シチリアの手作り食器

カレカ

 

f:id:kobekkowatashi:20180822143352j:image
f:id:kobekkowatashi:20180822143348j:image

 

日本では、あまり見かけない。

 

仕事でお世話になった友人が

会社を辞め、奥様と旅行会社を立ち上げ、

その後ネットショップも始め

そこで取り扱っていた商品だ。

 

私も会社を辞めたタイミングで、

そのネットショップを手伝ってもらえないか

と、お誘いを受け、1年、いや2年ほど

お手伝いしたか。

 

在宅ワークって楽なんだろうなぁと

思っていたが、仕事のオンオフを

しっかり切り替えないと、

ずっと仕事できる訳で、

なかなかしんどいものだ。

 

ネットショップも

待ちでは売れず、どの仕事も

攻め、工夫、仕入れ、、

実店舗より難しい面もある。

 

色々勉強になった。

 

彼らがビジネスを閉めると

同時に、私もお手伝い終了。

 

その時の記念に買った

カップ&ソーサーセット。

 

ぽってりした手作り感。

ラフな色つけ、可愛い柄。

嫌いではない。しかし

1枚持つには良いが、自分的には

セットで持つ好みではない。

 

オーバル皿1枚持ってるし、

もう堪能したかな。

今夏、手放した。

 

自分基準

SNS登場で、人気ブロガーや

カリスマなんちゃらが、これ、いいよ!

と発信すれば、皆こぞって

購入しては、本当にいい!さすが

誰々さん推し!という構図。

 

かくして、自分も

皆がそんなに良いと言うなら

使ってみようじゃないかと

買ってみる。

 

確かに良くもあるが、

自分にはしっくりこないものもある。

 

最近では、

マワハンガーがそれ。

f:id:kobekkowatashi:20180726231106j:image

 

ドイツ製、省スペース、衣服ズレない。

えぇ、そうなんだけど、

私は、クリーニング店で出来上がり時

無料でついてくる

黒いプラスチックハンガーが

使いやすい。

 

 

陶器製レンゲ。

なんだか高級中華店で使ってるようで

素敵。

f:id:kobekkowatashi:20180726231035j:image

 

でも、スープをすする時

陶器の硬い部分が歯にあたって、

気兼ねなくすすれない。

100均の白プラスチックレンゲが

飲みやすく、軽い、ザクザク洗えると

安っぽいけど、確かにいいんです。

 

2つとも、躊躇なく手放した。

小さなストレス無くなった。

自分基準でいこ!

 

衣服考

幼少期、

お下がりがメインの洋服生活。

時折、質の良い新品を買ってもらい、

もとが充分とれるまで着たおす。

 

この母のやり方が、今も

自分の基本になっている

気がする。

 

中高生になると、自分の好みのものを

数少なく買ってくれた。

 

大学生の時は、バブルだから

学生らしからぬ風貌の人が街を闊歩。

なんか違うなぁと思いながら

自分も流行に流されていたっけ。

 

会社員時代も、

とにかく数がいった。

今となればもったいない気もするが

また、その時しか着れないものも

あるわけで。

 

大学時代から結婚前まで

つけていた友の会の衣服ノート。

f:id:kobekkowatashi:20180701161846j:image
f:id:kobekkowatashi:20180701161850j:imagef:id:kobekkowatashi:20180701161842j:image

元来、きっちり管理したり、

自分のものを把握するのが好きなんだな。

 

もう、ほとんどの服は手元にない。

どれもその時代が蘇る。

懐かしさに浸った後、これら2冊処分。

 

今や、空で言えるくらいの

少ない持ち数の洋服達。

いい感じ。管理楽ちん。

 

この歳になって思う衣服考。

 

*アウターは、値段はっても

    気に入ったもの、質の良いもの。

*ボトムは着やすく数少なく、

    トップスでちょっと冒険、

     色もデザインもお試し。少し多め。

*自然素材の着心地良さの体験重ねる。

✳︎自分に似合うカラー、形を知る。

*1番大事な事、時と場所にあった

     清潔な服装。

 

 

あれ、衣服ノートにも似たような事

書いてる。正統王道だな。

 

 

f:id:kobekkowatashi:20180701161937j:image

 

服でも、鞄でも、靴でも

数あると、おのずと、着心地よい

履きやすいなど

お気に入りの一軍服、

なんか着づらい、色がイマイチ、

せっかく買ったのになぁ〜の二軍服が

存在し始める。

 

ベストは、一軍を数少なく、

それらを

ガンガン着る、持つ、履く。

すると、いつも自信もって振る舞える。

 

数少なく、組み合わせで

工夫するのが、本当のおしゃれさん。

 

数多いと、一軍もったいない気が

して着ず、二軍ばっか着る。

これ、おしゃれじゃない。

 

じゅあ、一軍ばっか着たら、、

二軍着なくて

これはこれでもったいない。

そもそも着ないなら、いらないじゃん。

 

そんな時は、譲るなり

寄付するなり。

 

でも、、、

若い時は、数欲しいもんねぇ。

この歳になって、やっと一軍数少なくが

実行できるのかなぁ。

 

 

 

サッカー ワールドカップ

f:id:kobekkowatashi:20180624214742j:image

2018ロシア大会が始まっている。

 

これまでは、気持ち的に

割と盛り上がって大会初日を迎えることが

多かったが、今回は、えっ!

今日開幕?  熱はいらないなぁと

思っていたが、やはり見始めると夢中。

 

スポーツ観戦好きで、過去には、

野球、ラグビー、相撲に熱をあげていた

次期もあったが、最近は自分の根気が

なくなったせいか、大好きな

高校野球でさえ

サクッとみるだけになっている。

が!サッカーWCPは、じっくり観戦。

 

各国のリーグも見応えあるだろうが、

WCPの何が良いって、年俸やキャリアで

なく、母国のために戦うところかな。

まぁ、国籍わざわざ変える

選手などもいるが、、

 

顔で民族が判断でき、

名前で地域がわかり、

そしてプレイをみて

お国柄がでる、そんなとこも

興味深い。

 

サッカーは、やはりチームスポーツ 

なのだ。スター選手だけが

やたらに注目されるのも辟易。

日本が一勝するだけで、一時的に

恐ろしく盛り上がるのも、

なんだかなぁ。

 

判官贔屓の私。ダークホースチームの

試合でのスーパープレーや

チーム一丸の戦いが好き。

 

近年思うこと。

初々しく頑張る選手をみて

いいなぁと思うのもつかの間、

ビッグクラブに獲得され、

宇宙額的な契約金と、華やかな生活で

次見た時に技術はあっても

どうしても、プレースタイルや態度が

私的にがっかり感(あちらから

したら、大きなお世話ね)

 

選手寿命も長くないし、

ケガとも背中合わせなどを

差し引いても、何十億円って

どうなんだろ。

 

あと、タトゥーの選手多いわ。

古いかもしれないが、教育上

いいのかな?  少年達の憧れなのに。

個人的に刺青は気持ち悪いから、

どうしてもそんな見方。

 

マドリードで、リーガエスパニョーラ

ゲームを生で観たことあり。

レアル側に座ったが、

サポーター激しそうとビビっていたが

三世代で来ている家族など

多く、案外微笑ましかった。

 

サッカーは、世界中どこでも

老若男女、人気がある。

すごい人数がWCP観ている

破格にセレブなスター選手の、

サッカーを通しての色々な貢献も望む。

 

ロッコポルトガル

面白かった!  勝っていた試合を

落としたのは、不運のみ。

アイスランド頑張ってる。

バイキングクラップの応援もいい。

ドイツの底力にもしびれた。

いいぞ、韓国ストライカー。

 

、、

今回、クロアチアいけるんじゃないか。

 

 

 

 

変わるもの、変わらないもの

f:id:kobekkowatashi:20180601081424j:image

チロルチョコは、

私の好きなものの1つ。

小学生の頃、駄菓子屋でよく買ったなぁ。

 

(少しずつ変わってるのかもしれないけど)

パッケージが基本変わらず安心感がある。

よく見ると色やデザイン可愛い。

これからも変わってほしくないものの

1つ。

 

今、民藝にもとても興味あり。

基本を据えて、でも変化を取り入れながら

長く愛されている民藝の数々。

カゴも陶器も布も家具も本当に素敵。

値がはっても価値あり。

作り手の想いや工夫が入ってる。

少しずつ手元にも置きたい。

職人さんが、

「民藝に西洋も東洋もないんです」と。  

たしかに!

 

世界でも、日本でもその土地で

発祥、長く受け継がれているものは

あるわけで。

 

ただ、私達、使い手や購入者の

目利きは問われるところだ。

 

体型も変わり、年齢も重ねた今、

お洋服をざばっと整理中。

もう、枚数を増やすことはあまり

ないだろうが、

吟味して良いもの、着やすいものを持ちたく、

手作りサイトで、

白のリネンのシャツ購入。

満足!

良いもの好きなものを若干少なめが良い。

なんとなくなぁのものを数多くが

1番あかん。

 

では、ベーシックなものに

こだわり続ければよいかといえば

そうでもない。

 

人間はよりよい生活を目指して

研究や体験を重ねているわけだ。

便利になった機器などは断然取り入れるべき。

 

これからも色々なものがすごいスピードで

変わっていくのだろう。

絶対的に変わらないものは

人間の感じ方ではないかな。

江戸時代の人も、遠い国の人も

優しくされれば嬉しいだろうし、

意地悪されれば悲しく思う。

 

何を変えずに生き、何を変えて生きるか、

変わらないものを愛したり、

変わったものを取り入れたり、

賢く選択し、有意義に暮らしたい。

 

 

 

 

ブルースカイブルー

先週、歌手の西城秀樹さんが

天国に召されました。

 

物心ついた頃から、テレビで

活躍されていたスター。

熱狂的ファンではなかったが、

やはり秀樹さん、かっこいいなぁとは

思っていました。

 

今回亡くなられてから、

色々な事を知るにつれ、つくづく

本当のスーパースターとは、こういう人で

多くの人々から愛された事、

これからも記憶に残る人なのだと

今更ながらファンになりたい気持ちだ。

 

歌が非常に上手い、容姿が格好いい、

エンタテーメントが素晴らしい

だけでなく、とにかく優しさ、気さくさ

、謙虚、大らかさなどという人柄に加えて、

ご家族を非常に大事にしていた事、

ファンをとても大事にされていた事を知り

本当に尊敬します。

 

スターになれた事に奢らず

病気という試練に負けず、そこに

自分の使命を認識し、果たされた事に

感銘します。

 

人は亡くなった時に価値がわかると

いうが、たくさんの人々がお別れに

訪れた映像をみると、まさしく!と

いう感じだ。

 

有名人の死は、その時は逝かれたのかと

思うが、遠い存在に、感情はすぐ過ぎ去る

ものであったが、

今度ばかりは、心から寂しく、

本当に涙が流れる。

自分でもびっくり。

 

秀樹さんのご冥福をお祈りすると

同時に、

自分のこれからの生き方をあらためて

考えてみたいと思う

大きな出来事であった。

 

お子様の成長を見届けられたかった

無念はあるだろうが、

この年齢で逝くこと、

爽やかな季節に逝くことは、

使命を果たされた秀樹さんへの

神様からの温情のような気がします。

 

f:id:kobekkowatashi:20180528094024j:image

 

 

 

 

 

Ryu Ryu

センター街の地下のパスタ屋

f:id:kobekkowatashi:20180504152140j:imagef:id:kobekkowatashi:20180504152057j:image

 

f:id:kobekkowatashi:20180504152459j:image

f:id:kobekkowatashi:20180504152302j:imagef:id:kobekkowatashi:20180504152529j:image

 

 

部活のない日、テスト中日くらいか?

皆で三ノ宮へ繰り出すのが

とにかく楽しかった!

 

ビブレビルでお洋服みる。

今はなきボビーズへ立ち寄る。

ファミリアも寄ろか。

 

お腹すいた!

Ryu Ryuでスパゲッティ食べよか。

デザートアイランドで

ケーキ食べよか。

 

この2つの店はもう老舗に

なってしまった。

 

ソニープラザをチェックするのも

忘れない。

f:id:kobekkowatashi:20180504152347j:image

 

最近あの頃のキラキラを

思い出すこと多く、

娘と、このコースでぶらつき

パスタを食べた。

 

美味しいんだけど、なんやろ

違う。

食べてる人が歳とったからやろな。

 

阪急六甲の Ryu Ryuも時々行く。