シルバー社会

少子高齢化が叫ばれて久しい。

 

子供の行事ごとで少子化

ひしひし感じてきた。

 

ご近所でもデイセンターの

バンなどを見かける率が

上がってきている気はしていたが、

先日なんだか、考えこんでしまった。

 

大手都市銀行の窓口に

久しぶりに行く。

えぇ、えぇ、女子行員が再雇用の

ベテランパートらしき人になりつつある

ことはわかっていました。

 

同年代頑張ってるなぁと

思ってましたが、今回対応頂いた方は

明らかに自分より先輩のようだ。

見渡すと皆さんそんな感じ。

 

若い行員は何処へ?

 

バブルの頃、行員やCAといえば

若い女性があたりまえだったのに

すごい変化。

 

そのあと立ち寄ったミスタードーナツでは

新人のシルバーさんが

店長らしき人から

教えてもらっていた。すでに

店頭のバイト募集案内のイラストが

どうみても、シルバーの顔。

 

翌日立ち寄った昼間のマクドナルドでも

カウンター全て、シルバー。

 

お年を召されても、元気に

働くことは素晴らしいんだけど、

うーむ。

 

来たる超高齢化社会ではなく、

もう足を踏み入れている感。

あとはあっというま。

 

なんとなく、モヤモヤ。

 

f:id:kobekkowatashi:20181114155756j:image

 

SUBWAY

大阪駅は劇的に変わった。

f:id:kobekkowatashi:20181029215758j:image
f:id:kobekkowatashi:20181029215808j:image

 

あーぁ、 大阪に勤めていた頃に

開発されていれば、、、

残業もせずに素敵なお店めぐっていたかなぁ。

いや、毎日立ち寄り、結局

帰宅遅くなってたかなぁ〜など思う。

 

圧倒的なお店の数に

じっくり見たい気持ちと

疲れそうという気持ちと。

 

お金が潤沢にあれば

楽しいショッピングできそうだ。

 

ここに来れば、ここという

長女と私の行きつけ。

 

f:id:kobekkowatashi:20181029215835j:image
f:id:kobekkowatashi:20181029215844j:image

 

SUBWAYなんだけど

野菜ラボ。

行列できるレストラン群から

外れたところにあり。

混んでないのも魅力。

 

野菜がシャキッとしているのは

気のせいではないと思ってる。

肝心の食べ物写ってないやん!

 

 

やっぱり良かった

衣食住

 

どれも大事で、どれも好きなんだけど、

昔から おうち、間取り、整理整頓大好き。

小さくて古い家で過ごしたからかな。

 

片付けブログや本などは、あまり深く考えず、

写真パラパラ、流し読み

すればよいので、今の自分に適してる。

活字がしんどい歳なのだ。

 

しかし、まあ 似たようなうちの

多いこと。無印良品で揃えればスッキリと

なれば、どこもかしこも無印。

北欧テイストは、私も好きだけど、皆

持っている雑貨似たりよったり。

断捨離という割に、やれ収納グッズなど

購入して、その紹介パターン。

 

という事で、最近はあまり参考に

ならないおうち記事を

若干ひきながら読んでいた。

 

そんなところに、図書館で

予約していた井田典子さんの本が

借りれた。

 

f:id:kobekkowatashi:20181029213316j:image

 

友の会の考え方がベースになっていて

食や経済大事にし、うわべだけでない

衣食住全部が繋がっているスッキリした

生活、家。

やっぱり良かった!

 

安易に買って揃えるでなく、

空き瓶再利用なんかも、やはり参考になる。

私の理想の暮らし方は、こちらよりだ。

 

無印良品。自分は割と

古くからのファンかと思う。

昔は、そんなにこぞって買ってなかった

はず。

 

まあ、良品週間の人の多さよ。

SNSの力とはすごいと感心すると

同時に、一見安く見えても割高もあり、

人気ブロガーが絶賛しても、

使いづらいものもあり、、

流行りは参考にしても、しっかりした

目をもつ消費者でありたい。

 

 

最近の気になる時事ニュース

少子高齢化、人口減少、、政府は

労働力不足で外国人労働者受け入れの

法整備急ぐ

 

あっというまに、街で見かける外国の方が

多くなった印象。

観光客ではなく、居住者。

基本、歓迎なのだが、スピードが早すぎて

これまで島国日本が、丁寧に、

いや厳しすぎる

ハードルを持ってクオリティをキープ

しながら入国させていたところを

とにかく必要だしと、ぐちゃぐちゃに

押し寄せている懸念も。

難民の方にはハードルぐっと下げて欲しい。

 

大学入試困難、沙汰されるか。

ガンガン大学開校させたツケと

少子化によるもの。

 

もともと大学は本当に勉強続けたい人

専門的に勉強したい人が

いくところで、

研究機関でもある。

日本の猫も杓子も行く!がおかしい。

 

この二つのニュースは

これからの子供達に大きく影響する。

ぼやっとしてられない。

先を見通し、価値ある選択するように

しなければ。

 

心に残ったニュース

AIが武器を操作できるように

製造会社は研究にしのぎを削っている。

危険な戦闘地でAIが標的を見極め

敵をやっつけ、戦闘員の負担軽減を

はかりたいと。

 

敵は、、同じ人間ではないのか。

見誤る可能性の

あるAIに人間を殺させるのか。

相手がたとえ悪人であろうと

これには賛成しかねる。

 

莫大なコストをかけ、

こんな研究するくらいなら

争いをなくす研究をしようと

思わないのか。

人間の愚かさを思わされる。

 

台風が三週連続やってくるという予報。

色々なニュースなど吹っ飛ぶほど

地球規模のもっと大変な事の

方が早くやってくるのかも。

 

何が大事で、どう生きるべきか。

常に考えなくてはいけない。

 

 

f:id:kobekkowatashi:20181003143935j:image

食器⑤ コーヒーカップ

イタリア シチリアの手作り食器

カレカ

 

f:id:kobekkowatashi:20180822143352j:image
f:id:kobekkowatashi:20180822143348j:image

 

日本では、あまり見かけない。

 

仕事でお世話になった友人が

会社を辞め、奥様と旅行会社を立ち上げ、

その後ネットショップも始め

そこで取り扱っていた商品だ。

 

私も会社を辞めたタイミングで、

そのネットショップを手伝ってもらえないか

と、お誘いを受け、1年、いや2年ほど

お手伝いしたか。

 

在宅ワークって楽なんだろうなぁと

思っていたが、仕事のオンオフを

しっかり切り替えないと、

ずっと仕事できる訳で、

なかなかしんどいものだ。

 

ネットショップも

待ちでは売れず、どの仕事も

攻め、工夫、仕入れ、、

実店舗より難しい面もある。

 

色々勉強になった。

 

彼らがビジネスを閉めると

同時に、私もお手伝い終了。

 

その時の記念に買った

カップ&ソーサーセット。

 

ぽってりした手作り感。

ラフな色つけ、可愛い柄。

嫌いではない。しかし

1枚持つには良いが、自分的には

セットで持つ好みではない。

 

オーバル皿1枚持ってるし、

もう堪能したかな。

今夏、手放した。

 

自分基準

SNS登場で、人気ブロガーや

カリスマなんちゃらが、これ、いいよ!

と発信すれば、皆こぞって

購入しては、本当にいい!さすが

誰々さん推し!という構図。

 

かくして、自分も

皆がそんなに良いと言うなら

使ってみようじゃないかと

買ってみる。

 

確かに良くもあるが、

自分にはしっくりこないものもある。

 

最近では、

マワハンガーがそれ。

f:id:kobekkowatashi:20180726231106j:image

 

ドイツ製、省スペース、衣服ズレない。

えぇ、そうなんだけど、

私は、クリーニング店で出来上がり時

無料でついてくる

黒いプラスチックハンガーが

使いやすい。

 

 

陶器製レンゲ。

なんだか高級中華店で使ってるようで

素敵。

f:id:kobekkowatashi:20180726231035j:image

 

でも、スープをすする時

陶器の硬い部分が歯にあたって、

気兼ねなくすすれない。

100均の白プラスチックレンゲが

飲みやすく、軽い、ザクザク洗えると

安っぽいけど、確かにいいんです。

 

2つとも、躊躇なく手放した。

小さなストレス無くなった。

自分基準でいこ!

 

衣服考

幼少期、

お下がりがメインの洋服生活。

時折、質の良い新品を買ってもらい、

もとが充分とれるまで着たおす。

 

この母のやり方が、今も

自分の基本になっている

気がする。

 

中高生になると、自分の好みのものを

数少なく買ってくれた。

 

大学生の時は、バブルだから

学生らしからぬ風貌の人が街を闊歩。

なんか違うなぁと思いながら

自分も流行に流されていたっけ。

 

会社員時代も、

とにかく数がいった。

今となればもったいない気もするが

また、その時しか着れないものも

あるわけで。

 

大学時代から結婚前まで

つけていた友の会の衣服ノート。

f:id:kobekkowatashi:20180701161846j:image
f:id:kobekkowatashi:20180701161850j:imagef:id:kobekkowatashi:20180701161842j:image

元来、きっちり管理したり、

自分のものを把握するのが好きなんだな。

 

もう、ほとんどの服は手元にない。

どれもその時代が蘇る。

懐かしさに浸った後、これら2冊処分。

 

今や、空で言えるくらいの

少ない持ち数の洋服達。

いい感じ。管理楽ちん。

 

この歳になって思う衣服考。

 

*アウターは、値段はっても

    気に入ったもの、質の良いもの。

*ボトムは着やすく数少なく、

    トップスでちょっと冒険、

     色もデザインもお試し。少し多め。

*自然素材の着心地良さの体験重ねる。

✳︎自分に似合うカラー、形を知る。

*1番大事な事、時と場所にあった

     清潔な服装。

 

 

あれ、衣服ノートにも似たような事

書いてる。正統王道だな。

 

 

f:id:kobekkowatashi:20180701161937j:image

 

服でも、鞄でも、靴でも

数あると、おのずと、着心地よい

履きやすいなど

お気に入りの一軍服、

なんか着づらい、色がイマイチ、

せっかく買ったのになぁ〜の二軍服が

存在し始める。

 

ベストは、一軍を数少なく、

それらを

ガンガン着る、持つ、履く。

すると、いつも自信もって振る舞える。

 

数少なく、組み合わせで

工夫するのが、本当のおしゃれさん。

 

数多いと、一軍もったいない気が

して着ず、二軍ばっか着る。

これ、おしゃれじゃない。

 

じゅあ、一軍ばっか着たら、、

二軍着なくて

これはこれでもったいない。

そもそも着ないなら、いらないじゃん。

 

そんな時は、譲るなり

寄付するなり。

 

でも、、、

若い時は、数欲しいもんねぇ。

この歳になって、やっと一軍数少なくが

実行できるのかなぁ。