京都

桜の季節、紅葉の季節になると

京都に行きたくて、うずうずする。

 

1200年の都が、自宅から1時間ほどの

距離にあるわけだ。

行かずしてどうする。

 

学生時代から、遠足でも結構行っているけど、

スポットをあて、周辺じっくり観たいと

3年ほど、家族で春秋京都を何度か決行。

 

金閣寺コース

清水寺南禅寺コース

竜安寺コース

トロッコ列車、嵯峨野、嵐山コース

源光庵、北野天満宮コース

二条城夜桜

伏見稲荷、宇治、コース

 

f:id:kobekkowatashi:20171118101607j:image

 

京都は、知ってるようで知らないので

計画を立てるのが楽しい。

お食事処を探すのも、ワクワク。

行くと風情があり、

やはり日本人!を実感。

 

子供達もこの春秋一日京都トリップを

ある程度喜んでいると

思いきや、ある時1人が、

こういう何回もちょこちょこでなく、

一回バーンと遠くへ泊まりの旅行の方が

よいと言う。他2名もそうそう!と同意。

 

そうか、、

考えれば自分も子供の頃、

神社仏閣より、自然の中で遊ぶ。

有名レストランより、そこらへんの

お菓子たっぷりがよかったわけだ。

 

子供達は、宇治平等院より、

宇治抹茶アイス食べた記憶がはっきり。

 

子供達には、歴史も学べるしと、

張り切っていたが

自己満足にもなっていた。

いやぁ〜はっきり言ってくれてよかった。

 

しかし

自分は京都巡り尽くすプラン立てるぞ!

この歳になったから、古都に

惹かれるのだろう。

歴史目の当たりにできる貴重なところ。

 

子供達には、歳を重ねるごと、

時々訪れて 日本人DNA呼び起こして

欲しいものだ。

 

ただ、最近の京都は、非常な混雑で

外国人観光客が増えて嬉しいような、

困るような、、

 

桜、紅葉は京都ではなく、

ひっそりとした山里ででも愛でるのが

よいのかも。

 

f:id:kobekkowatashi:20171118101630j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

世界ふれあい街歩き

f:id:kobekkowatashi:20171112074747j:image

 

録画して、たいてい土曜日曜の朝に

観る。  いや、流す。

 

ほとんどの番組は、わりとテレビの前で

きっちり観るが、

これは朝食の用意などしながら

チラッと観て、耳で聴いて。

 

世界の色々な街、そして人が見れる。

洗練された都会も、自然豊かな田舎も、

歴史ある中世の街も、雑多で賑わう街も。

どれもいいわぁ。

どれも行きたい。

 

また、番組の音楽がいい。

 

子供達も、なんとなく画面に目をやる。

 

ある程度、その国の感じがつかめ、

そして、

色々な人が色々な生活してるんだなあ

と   思っているよう。

 

壮大な自然、歴史的建造物を

観るのももちろんだが、やはり

そこに暮らす人々は、どんなだろと

いう旅がいい。

 

この番組は、それを日本にいながら

ちょっぴり味あわせてくれる

良いプログラムだと思う。

食器③ シュガーポット & ミルクピッチャー

私達の結婚生活は、厳しい船出であった。

親の反対もあり、

経済的困難は目に見えていた。

 

自分は、結婚して、

暖かい家庭は作りたかったが、

もともと、結婚を夢見る少女ではなかった。

 

と、同時に若くで結婚した友達の何人かは

第一次離婚期を迎えていた。

 

彼らは、結婚に大きな期待を持ち、

新しい家具を揃え、

高価な食器を揃え、

盛大な式を

したものの、、厳しい現実。

全部ぱぁ

 

それらを見て、

結婚だからといって、

全部揃えてスタートをきるのではなく、

一つ一つクリアした記念に

揃えていくやり方でいいのかなと

思った。

 

しかし、スタートの区切りに

何か。  で、このピッチャーと砂糖入れ。

f:id:kobekkowatashi:20171111112738j:image

 

もともと、ティーポットもあったが

欠けて廃棄したので、今はない。

 

選んだのは、

ウェッジウッドエドミー  プレーン。

アイボリーで、ぽてっとしていて、

あたたかい感じが気に入った。

 

20年選手ながら、

今でもよく登場して、活躍中。

 

このシリーズを少しづつ

揃えようと思っていたが、

和食器洋食器、色々な色や形、

陶器磁器など色々な素材。

それぞれ魅力的。

年齢や家族構成で、必要食器も変わる。

 

私は、

最初から、ピシッと揃えなくてよかった

と思う。

 

しかし、これが大正解でもなく、

昔の人のように、がっつり揃えて

嫁にいく、戻らない覚悟も多少は必要かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネスカフェ

ネスレ日本の本社は神戸にある。

 

その横にある、まさしく

ネスカフェ

 

f:id:kobekkowatashi:20171111094520j:image

 

いつも素通りであったが、

ちょっと一息。

 

オーダーする一階は、

pepper君も居て、近代的。

 

ガラス張り、白赤基調の内装で

明るい空間。

季節がよいなら二階テラスでも

気持ち良さそう。

ビルの谷間で都会的。

 

まあ、たまにふらっと入る感じ。

 

f:id:kobekkowatashi:20171111094551j:image

やっておきたいこと

子供達には、とにかく色々経験してほしい。

 

と、いっても案外、

親の保護下にいる時代に、

親が与えられる機会は少ないのかも。

 

できれば、子供が体験して欲しい

大きなカテゴリーの5個のうち、

2つはざっくりクリアー。

 

1つ、

外国人を受け入れるホームスティの

ホスト側体験。

 

もう、2年前になるのか?

 イタリアからの高校生の女の子2人を

お迎えした。

子供達は当初緊張していたが、

別れた後はまんざらでもなかった様子。

とても短い期間だったので、

もう一度機会あればいいなぁ。

 

f:id:kobekkowatashi:20171111084304j:image

イタリア ガールズからのお土産 

 

アジアの方や、全然馴染みの無い国の方も

受け入れたい。

 

 

1つは、幼い子と接する機会。

これは今も継続中だか、

市のファミリーサポート事業に協力。

 

2歳の女の子と6歳の女の子の

保育園お迎えのお手伝い。

 

f:id:kobekkowatashi:20171111084748j:image

 

 

子供達はちっちゃな子が大好きで

よく手伝ってくれる。

小さな子をみると、私も癒される〜  し、

その幼い子のお世話をする子供達を

見るのも微笑ましい。

幼い人を見守ったり、可愛がったりする

機会も大事。

 

あとの3つは、高齢者の方と、

障害を持つ方と接する機会。そして

日本以外の国で、ある期間住む経験。

 

これらは、生涯続けるべき大事な事だと

母は思う。

 

自分と同じ環境や考えの人と

交流を持つことは大事だが、

一方、自分と全く違う年齢や環境の人達と

交流するのも同じくらい大事。

 

親の保護下時代に、

とっかかりだけつける努力するので、

あとは、自分達で持続よろしく!

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミリア

神戸発祥の子供服メーカー、

ファミリア。

 

f:id:kobekkowatashi:20171025203526j:image

母子手帳入れ

 

神戸っ子には、親しみあるブランドかと。

 

小学生の頃の洋服の

ほとんどが、近所のお姉さんからの

お下がりであったが、

ガンガン着る高学年のアウターは、

ファミリアで買ってもらった

紺のスヌーピーのパーカー。

卒業式のフォーマルもファミリアの

アンサンブルであった。

 

親に連れられて行く時も、

高校の頃、友達と遊びに行く時も

元町や三ノ宮に行けば、買わなくとも

ファミリアには、一応立ち寄っていた。

 

その癖が抜けず、いまだに

元町に行くと、必ずというほど

本店に寄り、

デパートの中のファミリアの店でも

ふらふらと子供服チェック。

 

 

 f:id:kobekkowatashi:20171025203820j:imagef:id:kobekkowatashi:20171025203805j:image

 

雰囲気やティストが、

やっぱり好き。

 

子供達が赤ちゃんの頃、

奮発して寝具や肌着は、

ファミリアのものを使っていたが、

やはり、質が良く丈夫で長持ち。

長い目でみると、お得であった。

 

好きなブランドではあるが、

何もかもファミリアというのも

不経済だし、見るからにファミリアです!

といういでたちも、どーかなぁ

と思う。

 

と、いうことで、娘にも

自分が母からしてもらったように

、急所はファミリア方式を採用中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧居留地辺り

居留地は、

神戸らしいエリアだし、

My  Department  Storeの大丸もあるし、

おしゃれなお店もあるし、で

大好き。

 

若い時から、お買い物は

この辺りをぶらついてが定番。

 

今回、

改めて建物をいくつか撮ってみた。

やはり、石造りのどっしりした

建物は素晴らしい。

ビルヂング

 

今後も上手く保存していって欲しいし、

市民としても協力したい。

 

f:id:kobekkowatashi:20171024221842j:imagef:id:kobekkowatashi:20171024221909j:image

 

f:id:kobekkowatashi:20171024221938j:imagef:id:kobekkowatashi:20171024222003j:image

 

f:id:kobekkowatashi:20171024222103j:imagef:id:kobekkowatashi:20171024222128j:image

 

f:id:kobekkowatashi:20171024222150j:imagef:id:kobekkowatashi:20171024222228j:image

 

f:id:kobekkowatashi:20171024222301j:imagef:id:kobekkowatashi:20171024222324j:image

 

f:id:kobekkowatashi:20171024222352j:imagef:id:kobekkowatashi:20171024222409j:image

 

夜も素敵なのだ。